↓ブログ 2017.11.04更新!!

片桐銘木工業のスタッフブログ「メイモク日誌」
地元の材を使うこと。構造用集成材 湾曲集成材 小断面 中段面 大断面 愛知県 あいち認証材 岐阜県
木を加工する技術。
製品開発について。
ウッドギャラリーK〜木を生かした住まいづくり

UV塗装技術

UV塗装

「UVUltraviolet rays(ウルトラヴァイオレット・レイズ)の略で紫外線のことです。

被塗装面にUV塗料を塗布し、塗膜に紫外線を照射することにより塗膜を硬化させる塗装工程がUV塗装です。

片桐銘木工業のUV塗装の特長

下塗り塗装について

 通常在庫をもっている化粧合板に関しまして、UV塗装を行っています。

 また、UV下塗り塗料は、住環境を配慮しトルエン、キシレン等の有機溶剤を含まない無溶剤の塗料

 を使用しています。

仕上げ塗装について

 UV仕上げ塗装の仕上り感といえば艶が有り、光沢のある仕上り感ですが、当社のUV仕上げ塗装

 は、艶消し(7艶消し)の塗装を行っています。

 艶消し塗装を行うことにより、木の杢目を活かした自然な仕上り感を持たしつつ、塗膜表面に傷付

 きにくいのが特長です。

塗膜の硬度について

 ・UV下塗り塗装後、UV仕上げ塗装を行った場合、塗膜硬度:5Hです。

  (下地の状況等により硬度が変わります。)

 ・ウレタン下塗り塗装後、UV仕上げを行った場合、塗膜硬度:3です。

  (下地の状況等により硬度が変わります。)

 ・下塗り塗装、仕上げ塗装をウレタン塗料で行った場合、塗膜強度:1Hです。

  (下地の状況等により硬度がかわります。)

 

 ※塗膜の強度比較として、一般的なウレタン塗装に比べてUV塗装は、3倍~5倍の塗膜強度が

  ある為、傷がつきにくという特長があります。

塗膜の乾燥について

 ・UV仕上げ塗装を行った場合の乾燥時間は、UV塗料塗布後、ある程度塗膜表面が乾燥した

  ら、UV照射機に塗装品を通すだけで、塗膜の中まで乾燥させることができます。

 ・ウレタン仕上げ塗装を行った場合の乾燥時間は、ウレタン塗料を塗布後乾燥室温度25℃以

  上で、5時間以上乾燥させないと、塗膜表面が乾燥していても塗膜の中まで乾燥状態になって

  いない状態になります。

 

 ※乾燥時間を比較しても、短時間で塗料を乾燥させることができる為、一般的なウレタン塗装

  に比べて、短納期で商品を製作することができます。

  しかし、ウレタン塗料に比べて塗料コストが高いのが、短所となります。

概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
(C) 2010 S.Katagiri All rights reserved.